都知事としての小池氏の最後がいよいよ見えてきたような気がする

民進から希望へ鞍替えする際の敷居を高くし誇り高い左翼議員たちの怒りをかった希望の党党首小池氏の求心力の低下は時間の問題のような気がします。
その気配が感じられたのが三都物語会見での大阪維新の松井代表からの国政復帰制限発言でした。
つまり衆院選へ立候補するなと釘を刺されたわけですが、小池氏はなぜあんたみたいな若造に大先輩の私が指図されなければいけないの?
とカチンときたような表情をしていたように思えたのですが、その時彼女らしく何も言い返せなかったのは松井氏にコントロールされたように受け取られても仕方ないように思えました。
ですから小池氏はもはや引くに引けない状況に追い込まれ残り少ない政治家人生を好き勝手にやってしまう可能性が出てきたような気がしたものですが、
それすなわち国政へ復帰し首相の座を目指すことではないでしょうか。
たかが五輪や市場の為にあと3年都知事をやっても知れています。
総理になれるかもしれない絶好のチャンスが訪れているわけですからどんな理由をつけてでも彼女は国政へ復帰し政治家としての最後の道筋を自らの手で作りたいでしょう。
維新の橋下を担ごうと任期途中で都政を投げ出し国政へと転じた石原慎太郎の例もあることだし、今、彼女の頭には勝てば官軍という言葉しか無いように思えます。一万円借りたい