己に思い系測定を与えてくれた隣人というyes

そうでなくとも、25層スペースの宿命を歩んでいれば、どっかの過程で「新聞紙会社に就職する」というレンジが思い浮かんでいてもおかしくはないはずだった。
しかし、それすら思いつきもしなかったのは何故だろうか。
それは、新聞紙という側が、彼にとって手ごわいほど彼自身に近過ぎたからです。
常日頃から熱心に新聞紙を読んでいても新聞紙会社で働きたいとまで考えはじめるような人類は結構いない。
多くの人類は、新聞紙の側内訳そのものよりも、そのパーツや報道の案内について考える傾向がある。
俺は多田に崇敬の念を抱いた。多田は「どうですかね?」と言わんばかりに嫌ったらしき不敵な笑みを浮かべてある。
しかし俺は、もっぱら感心したように頷くより他になかった。共々、昨日今日横に越してきたばかりの隣人のほうがボクよりも遥かに女心を分かっているという現実が相当情けなく思えてならなかった。
「新聞紙レポーター……か」
直近の演劇画面越しに634mの巨塔が煌々と白い光線を放ち輝いているのが思える。屋根塗装 相場