大気の温度減料率と大気の安定と変則の仕方

空気などについて勉学しました。空気の安定・イレギュラーは周囲の空気の温度減百分率と印象大群の気温の断熱減百分率を比較すると判断できます。上空に寒冷が入ると温度減百分率が大きくなり、空気は不安定になることが多いです。雨やスノーが降りしきるためには、ミクロ雲粒が雨粒やスノーのクリスタルに成長しなければなりません。雨は、雲粒から雨粒になるしくみのずれによって2つに大別されます。一門は、約−10℃以下の低温の雲の中に氷晶と過アイシングの水滴が共存やるパターンだ。こういうときの満杯湯気圧は、水面柄と水面上で異なってあり、気温が同じであれば、水滴のまわりの満杯湯気圧のほうが、氷晶のまわりの満杯湯気圧よりも高いです。そのため、湯気圧が間にあると水に対しては飽和していないので水滴は蒸発して湯気となり、水に対しては過飽和であるので湯気は氷晶のまわりに昇華して沈着行なう。このようなことを勉学しましたが、知らないところがあったので知れて良かったと思います。ミュゼ vライン プレート