自由化のお祭り騒ぎはどこに行ってしまったのだろう

そういえば、最近はインフラに関するいろいろなものの自由化が進んでいますよね。
インターネットの光回線、そして電気、さらにガスと立て続けに自由化が実施されました。
しかし、一時期あった顧客の囲い込み合戦のような熱気はどこに行ってしまったのでしょうか。
最近では、それほど熱心な営業や広告を見かけることがないような気がしてきました。
資本経済の中で、サービスの向上や低価格化のためには、自由な競争環境が必要になります。
いままで独占的に事業を進めていた分野が開放されるというのは、少なからずインパクトをもたらすでしょう。
多くの人がそう予想していたのですが、実際には、それほど大きな動きがなかったように思ってしまいます。
原因についてはいろいろな考察あるのでしょうが、いちばんの根源というのは情報不足ではないかと思っています。
残念ながら、自由化される意味や、それによってもたらされるメリットというのが消費者側に伝わっていないのではと強く感じます。
また、新規参入する事業者も、美味しいとこ取りをしようとするあまり、一般のユーザーの目線の高さと合っていないような気がしてします。ベルタ葉酸サプリ 薬局